So-net無料ブログ作成
検索選択

『レ・ミゼラブル 07月14日 昼』 [     ┗ 観劇記録]

07月14日 12:00~

スペシャルキャスト。島田歌穂エポニーヌと石川禅マリウス。
石川ジャベールを観る前にマリウス見ちゃったよ。

島田エポニーヌはもうそこにいるだけで「エポニーヌ」ってカンジ。
10年前に戻ったような錯覚を起こしそうなくらい、とても「らしい」エポニーヌとマリウス。
エポニーヌとマリウスの世界ととっても合っていて同じ空気だった。

でもねー・・・。
エポニーヌは違和感ない。しかしマリウスは・・・。禅ちゃん老け過ぎだ。
特にアンジョルラスが東山アンジョルラスだったのがマズかった。
これがまだ岸&坂元のどちらかのアンジョルラスだったらまだよかったかもしれない。
ヤングチーム(勝手に命名)の東山アンジョルラスではマリウスの方が年長者の貫禄が出てしまってリーダーっぽくなくなってしまう・・・。年下のリーダーを見守る年長者、みたいな。

でもね、でもね、学生の中にいなければ(アンジョルラスと絡まなければ)もう、本当にマリウスなんだよ(>_<)
エポニーヌの「この髪好きだわ」に笑いながら答える、マリウスなんだよ~。
ああ、だから岡アンジョルラスとのコンビで見たかった(ーー;)

今回の3人コゼットちゃんは若いので当然のごとく、マリウスがロリっぽくなってしまう(>_<)
きゅー。

今回が初めての山崎ファンティーヌ。彼女は思いのほか、背が高いのでしょうか?今までのファンティーヌとイメージが違う。なんだろう?勝気なカンジ?

そんなファンテーヌが死んでしまうところではもしかしてヴァルジャンはファンテーィーヌを愛していた?と思わせるベッシーだった。原作ではもっとたくさんの時間を共有したであろう、ファンティーヌとヴァルジャン。女性として、かは別にして今までない感情をファンティーヌに持ったとしても不思議ではない。そんなベッシーヴァルジャンだった。


ヴァルジャン:別所哲也
ジャベール:阿部裕
エポニーヌ:島田歌穂
ファンテーヌ:山崎直子
コゼット:富田麻帆
マリウス:石川禅
テナルディエ:駒田一
マダムテナルディエ:瀬戸内美八
アンジョルラス:東山義久


グランテール:松村曜生
クールフェラック:麻田キョウヤ
ジョリ:中本吉成
コンブフェール:菊地まさはる
フィイ:石井一彰
レーグル:中井智彦
バベ:横井太郎
ブリジョン:藤田光之
プルベール:野島直人
モンパルナス:赤座浩彦
クラクスー:五大輝一
買入れ屋:わたりあずさ
マテロット:清水彩花
ファクトリーガール:浅野実奈子
ジベロット:歌納有里
マダム:井上珠美
少年1:穂積由香
少年2:吉岡里奈
かつら屋:本田育代
東宝サイトを参考にしてます)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。